>

子供の個性を見極める

未就学児の通信学習の種類

ℤ会幼児コース。
大学受験まで高いレベルを目指していることでも有名なℤ会の幼児コースは「あと伸び力」をキャッチフレーズに幼児期にまず基本的な学習に対する力を付けることに重点を置いています。
こどもチャレンジ。
人気のキャラクターと一緒に遊びの要素を取り入れ楽しく学習をすることに力を入れています。
すまいるぜみ。
読み書きや計算に加えて、日常生活のマナーや注意点も教えてくれます。
子供に合わなかったときはタブレットなどの全ての料金返金保証がついてます。
月刊ポピー。
小学校の教材内容を意識して実際に学校へ行ってからの成果を目指している様です。
がんばる会。
シンプル学習が人気。
小学校前に基本的学習を問題プリントと回答でお母さんと一緒にコミュニケーションを取りながら学習しようという方向性のようです。
他にもたくさんの通信学習がありますよ。

係る費用

それぞれの通信学習によって費用は若干違いがあります。
対象年齢は3歳から4歳、4歳から5歳、5歳から6歳のように分かれているものも多く費用も年齢によって違ってきます。
1か月1000円以下のものから3000円位のものまであります。
オンライン学習は万単位になりますね。
小学校受験など目指しているいる場合に適した教材はそれなりに高い設定に成っているようですね。
またコースごとに選べる学習もあり、1コース幾らと設定されています。
殆どのものに体験学習がついているので実際自分の子供に合っているのはどれかを体験させてから決めるのが良いと思います。
添削指導がついているものとそうでないものもあります。
やってみて必要と感じたらそういう学習を選んでみて、支払を1年間まとめるなど工夫すると費用が若干安くなります。


この記事をシェアする